スポンサーサイト

  • 2011.10.14 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


デキゴト


昔書いた歌詞には残っているけど

出会いや別れには奇跡も運命も

実際は全然関係がないんだよな

言うなればそれは日々の繰り返し


「出来事」って言葉では

片付けたくはないけど


少しずつ形をつけてゆく

銀細工の鎖のよう

ひとつひとつが大事なものから

僕が受け止めてきた足跡

繋げて 確かめて 胸を張ろう

大切なものはいつでも

手のひらに残ってる

流星

流れ星を探しに

家から50メートル

真夜中の空き地へ


初めに見つけた君が

願い事も忘れて

慌てて僕に声をかけた


次は一緒に見ようって

笑いながら見上げる空

自然に繋ぐ手は

一つの答えのようだね


ベテルギウスが瞬く

秋の街灯の上

永遠に匹敵する

ほんの一瞬のパレード


キラリ ひとつ


言葉にしないことも

言葉を重ねることと

同じくらい大切なのかもしれない

そんなことを考えながら

ゆっくりと辿る50メートル

かけがえのないひとときを

いつまでも いつの日も

weight


鬱陶しいくらい想いつづけてたら

ほんの少しくらい重さをもつのかな


消えてしまったら 悲しむ人がいる

そんな誰かの気持ちも合わせて

「命」だったり「絆」だったりする


漠然としていて 捉え方次第だけど

言い様のない曖昧さも含めて

君への感謝だったりする



違う雨に当たっても

同じ太陽を待ち望む

そんな距離ならいつかは

曖昧じゃない重さで

互いを受け止めることが出来るだろ


最後の笑顔を

僕が覚えている限り


どうしようもなく


大切なものが増えていくたびに

失う悲しみの数が増えて

それを想像して少しだけ怖くなる


誰にも肩代わりできない

何にも埋め合わせできない
永遠の別れの悲しみ

だからこそ今という時間が大切なんだ

クソ嫌われてる相手でも

物言わぬ写真でも

どうしようもなく込み上げるものがあるんだ


でも怖がる暇もなく

失いたくないものが増えていくのが

人生なんだよな


心中


ワカルワケナイダロウ


ニゲテバカリノクセニ


イキグルシサモゼンブ


コトバニシナイクセニ



キズツケアウコトシカ


オタガイニエラベナイ


サシチガエノマイニチ


イツマデツヅケタイノ


カオナンカミタクナイ


デモキガカリハノコル


ココロノナカヲエグレ


ココロノウチヲノゾケ


デキルモノナラスグニ


ヤッテミセテイルノニ




キズツケアウコトシカ


イツマデモエラベナイ

distance

最後まで 君の内側に

入り込めなかったね

夜と朝 繰り返しても

薄いベールが 二人を隔てていた


何も欲しがらないくせに

一人占めしようとする僕と

欲張りなくせに

我慢してしまう君


こじ開ける鍵もなくて

手探りしてる間に

羊飼いの犬のように

何かに追い立てられて


躓いたまま

その手がほどけて

今はもう 距離まで遠い


昔好きだった人に似てた

きっかけは不純だったかな

でも今は君に似た人を

気が付けば目で追っている

手を繋ぎあったり

並んで歩いたりが好きな君と

一歩後ろから何気なく

見守るのが好きな僕


ブライドは高いけど

背伸びはしない君と

期待や理想に疲れながら

優しくしかなれない僕


単純なパズルが一番

難しいもんだよ

一ミリでも5百マイルでも

「ひとつ」じゃないことに

変わりはないんだよ


交差点


安っぽいSFみたいに

世界が滅亡しようが

この地続きの地球の上

どうしたって廻り合うだろ

声をかけちゃいけないのか

目を合わせなきゃいいのか

合図無しで解るなら

苦労して別れなかったよな


会いたくなんかない


でも元気でいて欲しい


鼓動は期待じゃない


ただ何て顔すりゃいい?



ただの顔見知りの仕草って

どんなだったかなあ

手のひらの感触が残って

思い出せやしない


泣き空


誰かの涙を止めるには

僕の言葉はまだ

時間には敵わない

でもあなたのその泣き顔を

笑顔に変えたいんだ

その願いに理由はいらないだろ?



晴れた日の優しさが

悲しみを吸い上げて

雲の瞼に水を溜める

こぼれてしまうのは止められないから

夏の日の夕立みたいに

少し待って

たまに走って

ちょっとくらい泥をはねて

独りじゃないって

きっとわかって

くれるって信じてるんだ



pm.8:18


夏の嵐も

冬の日差しも

あなたを思い出す

記号になってしまう


この先何年も

ずっと会えなくても

季節が廻る度

繰り返し 疼く


他の何でもない

あなたの瞳 笑い声

穏やかで 激しくて

吹きつけられて

照りつけられて

次の一歩を忘れてしまう

そして何度も唇を噛む


モノクロ


最悪の場面と最良の展開を

いつも同時に考える

灰色のエリアにいる僕が一番

白か黒の世界に憧れてる


自分のせいだと片付けるのが

本当は罪なんだと知る


自分で傷つけるドラッグから

脱け出しなよ

白と黒の組み合わせでも

色鮮やかな古い映画のように

世の中はもっとカラフルだ

そしてもっとシンプルだよ


昨日彼女からもらった

虹を写した写真を見て

そう思ったんだ